更新日:2002-01-13
作成者:坂口修一(SAKAGUTI Syuiti)
連絡先:sakaguti@yamaguchi-u.ac.jp

ICU 教養学部理学科・大学院理学研究科
「卒論・修論のための pLaTeX2e 基礎講座」
於 ICU理学館

開催履歴

第1回: 2000-05-12 坂口修一,岡田崇。
第2回: 2000-12-01 坂口修一,岡田崇,太田彩乃。
第3回: 2001-06-30 坂口修一,岡田崇,太田彩乃,鈴木聡。
第4回: 2001-12-01 坂口修一,鈴木聡。
第5回: 現在開催予定無し


講義

  1. pLaTeX2e の紹介
  2. pLaTeX2e の基本
  3. 数式・化学式の書き方
  4. 図・表の入れ方
  5. 相互参照の方法と文献リストの作成法
  6. 卒論・修論用雛形およびスタイルファイルの使用法

演習

  1. 単純な文章を組版してみる
  2. 講習の感想文を書き pLaTeX2e で組版してみる(\maketitleを使う)
  3. 卒論・修論スタイルファイルを使用して,卒論・修論形式の文章を組版する
  4. 数式・化学式・図・表を含む文章を組版してみる
  5. 卒論雛形を試す

配布資料

  1. 坂口修一「卒論・修論のためのpLaTeX2e基礎講座」 (2001-12-01)
  2. 藤林晴子,鈴木聡「XyMTeXとAmS-LaTeXで書く化学構造式」 (2001-12-01)

卒論・修論用雛形およびスタイルファイルの使用法

リンク先を参照のこと。